京都の訪問マッサージといえば、優しい施術でみんな笑顔 訪問マッサージにこにこへ!

パーキンソン(症候群)

パーキンソン病になると、安静時の振戦(ふるえ)、筋強剛・筋固縮、寡動・無動、姿勢反射障害、歩行障害、精神症状などを発症します。

放っておくと症状はどんどん進行していきます 。進行が進み、重症の場合となると、自分で立ったり、歩いたりができなくなり、日常生活に介助が必要になってしまいます。ですから、そういったパーキンソン病の症状に対してリハビリテーションを行うことは非常に重要なことです。

パーキンソン病の患者さんは、意欲の低下や無動症状、姿勢反射障害のため同年齢の人に比べて運動不足になりやすく、体を動かさないために身体機能の低下 が生じやすい病気です。動きにくいからと言って消極的になると、筋力や関節の機能低下と病気の進行を早めることにもなります。

そこで、身体の機能を維持回復させるために、毎日の生活にリハビリテーションを取り入れることが重要になります。リハビリテーションは、お薬が効いている時に、無理をせず、自分に合った運動から行い、徐々に回数を増やしていくことが勧められます。

運動訓練は1日平均20~30分ずつの運動が望ましく、通常、週に3回以上行うとよいとされています。 パーキンソン病のリハビリテーションで大切なことは、運動能力を維持し、できるだけ自分の力で日常生活を送れるようにすることです。

訪問マッサージにこにこでは転倒防止のため、主に下半身の運動能力を出来るだけ維持出来る様に心がけ、運動機能を改善し、生活の質を向上させる事を目指します。


実際にはマッサージ、関節可動域訓練、介助歩行訓練などによって、足の動きが悪くならないようにし、こまめに下半身を動かして柔軟性を高めていきます。



訪問マッサージ にこにこ ご案内

〒615-0846 京都市右京区西京極徳大寺団子田町29-60

京都市エリアにお伺いいたします!

京都市エリアにお伺いいたします!
※訪問エリアは京都市内、主に住所地から約8km以内です。
大きな地図で見る
お問い合わせ・ご予約

075-777-7299

※施術中、移動中は電話に対応できない事がございます。
 留守番電話のメッセージに
「○○と申します。無料体験マッサージをお願いしたいと思います。電話番号は○○です。」
といった形でお名前とご用件と連絡先をご伝言ください。
メッセージ確認後、必ず林の方からご連絡させていただきます。

受付時間

【受付時間】
8:00~21:00
【定休日】
日曜日

075-777-7299