京都の訪問マッサージといえば、優しい施術でみんな笑顔 訪問マッサージにこにこへ!

リハビリについて

脳卒中やパーキンソンなどによる後遺症、交通事故や先天性の病などによる障害で苦しんでいる方は多いです。障害はリハビリテーションを受けることで、症状の改善につながります。こちらではリハビリについてご説明いたします。

人間らしく生きる

リハビリテーションの語源はラテン語から来ています。意味は、再び人間らしく生きることです。手術や治療を施しても、歩行困難や何らかの障害を抱えることもあります。そのため障害者の機能改善、能力向上、社会復帰を目的としてリハビリを行うことになります。いつも当たり前にできたことが、急にできなくなったとしても、あきらめずに訓練を行う。これが名誉や権利の回復にも繋がります。リハビリが満足に受けられずに退院しても、訪問リハビリを活用すればリハビリを続けることができます。

リハビリの種類

物理的な力を用いてリハビリを行う物理療法や、体を動かしてリハビリする運動療法を総称して理学療法(PT)といいます。日常生活に必要な、身体動作を訓練する療法が中心となります。また手作業や日常生活動作を訓練して、身体機能や精神機能の改善を図るのが作業療法(OT)です。着替えや入浴などの日常作業をはじめ、手芸や絵画などを取り入れることもあります。

声は出せても会話や言葉にならない、喉の麻痺、食物を飲みこめないなどの障害をリハビリするのが言語療法(ST)です。コミュニケーションや飲みこみ方の練習、マッサージなどを行って症状の改善を目指します。最も重要なのが理学療法です。訪問リハビリは自分の都合に合わせて訓練できるので、効率良く行うことができます。

あきらめないこと

リハビリは人間力の回復です。頑張ってリハビリを続けても、思い通りの結果にならないこともあります。しかしリハビリをあきらめないで、繰り返し行うことは無意味ではありません。人間本来が持っている潜在的な生き抜く力が奇跡を起こすこともあります。リハビリを毎日続け、希望を持ち続けることが大切です。家族の助けや訪問リハビリを受けながら、あきらめずに続けましょう。

京都市にある訪問マッサージにこにこは、ご自宅で自分で行う理学療法(運動療法)のお手伝いをしています。障害を持ち、歩行困難な方でも、安心してリハビリが出来るようにサポートいたします。深夜21時まで対応しており、医師の同意書があれば健康保険でも訪問マッサージ(自宅でのリハビリサポート)を受けられます。ぜひご利用下さい。

訪問マッサージ にこにこ ご案内

〒615-0846 京都市右京区西京極徳大寺団子田町29-60

京都市エリアにお伺いいたします!

京都市エリアにお伺いいたします!
※訪問エリアは京都市内、主に住所地から約8km以内です。
大きな地図で見る
お問い合わせ・ご予約

075-777-7299

※施術中、移動中は電話に対応できない事がございます。
 留守番電話のメッセージに
「○○と申します。無料体験マッサージをお願いしたいと思います。電話番号は○○です。」
といった形でお名前とご用件と連絡先をご伝言ください。
メッセージ確認後、必ず林の方からご連絡させていただきます。

受付時間

【受付時間】
8:00~21:00
【定休日】
日曜日

075-777-7299